読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方の田舎から出てきて超絶ダサかった私が、会って1ヶ月で清楚なリア充女子大生を彼女にした究極の理論的モテメンズファッション

地方の田舎から出てきてかなりダサかった自分が、どんな方法でオシャレになったのか。徹底的な洋服の分析と女性100人のアンケートで明らかになった結果があります。誰にでも理解でき、即実行でモテることが約束された、ほとんどの人が知らない、感覚ではなく考えて構築するファッションブログ。

迷わなくなる!オシャレの土台を構築する。

んにちは。
ファッション革命家
ジェームズです。





あなたはファッション迷子に
なっていませんか?





どんな格好をしていいのか
分からず、答えも見つからないまま
洋服を買う・・・





この状態になってしまうと、
オシャレに近づけないまま、
ただお金を無駄に消費するだけに
なってしまいます。




しかし、オシャレになる上で、
土台となる基本さえ分かっていれば、
迷わない洋服の選び方が
出来るようになります。




しかも誰もが知っている
あの服装を取り上げるので、
理解は簡単です。





今回でファッションに対する
考え方が180度変わり、
知らなければ一生分からない
見方が身に付きます






逆にこれをおろそかにすると
オシャレになるまで
かなりの遠回りを
することになります。





その考え方とは・・



>男性のスーツをベースにした
考え方です。







f:id:fashionkakumei:20160623174145p:plain




スーツは昔の人が考えて
完成させた男性を最も
かっこよく見せる
洋服なのです。




体型をきれいに見せる
論理的な構築法が実は
ふんだんに
盛り込まれているのです。





女性の
「スーツ姿の男性が
素敵に見える」




という言葉は誰しも
聞いたことがあるのでは
ないでしょうか。





「でもスーツは私服では
着れないよ。ビジネスシーンか
パーティーぐらいでしょ?」





その通りです。




スーツを仕事でもないのに私服で
着てしまったら、女性からすると
緊張感たっぷりで
落ち着かないです。





大切なのは考え方です。





モテる服装は「きれいめ」です。





「め」は程度を和らげる
表現なので、純度100%の
完成された洋服であるスーツを
「きれい」と定義します。





このスーツは上で挙げたように
緊張感しかないので、ここに
緊張を崩す要素を3~4割加えることで
「きれいめ」スタイルが完成します。





スーツ姿の男性がネクタイを
ゆるめる仕草、シャツをまくる姿に
女性はキュンとするとよく聞くのは
緊張がゆるんだ為に起こる現象なのです。





では仕草や行為ではなく、
洋服で緊張を崩した例を
見てみましょう。




f:id:fashionkakumei:20160623181118j:plain





上半身はシャツ、
ジャケット、ニットと非常に
スーツに近いアイテムで
構成されています。






それに対し、下半身はデニムに
スニーカーとスーツからはやや離れた
ラフなアイテムで構成されています。





スーツスタイルから
離れすぎないように
構築することで「きれいめ」
スタイルを作ることが出来ます。





このようにスーツを軸にして
考えれば失敗はぐんと
少なくなります。







自分の頭の中にスーツを
イメージし、自分のコーディネート
がスーツから離れすぎないように
意識しましょう。






コーディネートの際、スーツを
頭に思い浮かべることが
できるようになれば十分です。





では最後にワークです。




今お手持ちの洋服で
できるだけスーツに寄せた格好を
してみて下さい。




ラフな洋服ばかりで
スーツによらないかもしれませんが
最初はそれで大丈夫です。




頭の中にスーツのイメージを
持つことが一番重要だからです。





今回のポイント
・スーツをファッションの
基本に置く。




疑問や質問、
分かりにくかった点など
何でもお気軽に
お聞きください。




コメント欄にて
お受けします。




最後までお読みいただき
ありがとうございました。