読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方の田舎から出てきて超絶ダサかった私が、会って1ヶ月で清楚なリア充女子大生を彼女にした究極の理論的モテメンズファッション

地方の田舎から出てきてかなりダサかった自分が、どんな方法でオシャレになったのか。徹底的な洋服の分析と女性100人のアンケートで明らかになった結果があります。誰にでも理解でき、即実行でモテることが約束された、ほとんどの人が知らない、感覚ではなく考えて構築するファッションブログ。

日本人が意識すべきファッションのバランスとは?

んにちは。
ファッション革命家
ジェームズです。




今回は体型で劣る日本人が
意識すべきファッションの
バランス
について
話していきます。





このバランスを認識していないと
周囲と差別化できず、
あなたは「その他大勢」の
中から抜け出せません。





女の子の目にも特別
止まることなく、今までと
変わらない日常を
繰り返していくことでしょう。





逆にこの概念を認識していれば
圧倒的な差をつけて簡単に
抜け出すことが出来るでしょう。




決定的なまでの差別化を
することができ、あなたの
存在を常にアピールする
ことができます。




「本当にそんなことが
可能なの?」




はい。可能です。





なぜなら、日本人はこのバランスの
概念を無自覚に、しかも
間違えた解釈を
しているからです




このために、日本人は
オシャレになることが
難しくなっているのです。




その正しい解釈とは
服装をドレスよりに
する
」ということです。




「ドレスって何なの?
女性が着る服のこと?」




ここでいう「ドレス」というのは
概念的なものです。




アイテムとしては、スーツの
パンツであるスラックスや
テーラードジャケット
シャツなどです。




スーツに使われるアイテム
を想像していただければ
結構です。




つまり、大人っぽい
服装をしなければ
ならないということです。





大人っぽい服装が
どういうものか具体的に
分かりますか?




見せた方が早いので
画像をお見せしましょう。




f:id:fashionkakumei:20160708173911j:plain




この写真を見て、子供っぽい
イメージが湧く方はおそらく
いないでしょう。




「でもさっき言ってた、
スーツに使われてる
アイテムがあんまりないよ?」



その通りです。




それでも大人っぽく
見えるのは、スーツに近い
アイテムで構成されているからです。




デニムはデニムでも
黒の細身でスラックスに近い
物です。




コートはスーツの上から羽織る
ことのできるものと近い形状。




このように、スーツに使われる
アイテムを使わなくても
スーツに近しくすることで
大人なコーディネートが出来るのです。




だからスーツが
コーディネートの
基準になるのです。




過去記事に詳しく書いたので
読んでないあなたは、
是非読んで下さい。


fashionkakumei.hatenablog.com





しかし、日本人でこのような
服装をしている方は
ごくごく少数です。




日本人のほとんどが、
カジュアルな、つまり
子供っぽい服装を
しています。



f:id:fashionkakumei:20160708175643j:plain



それにはアメカジの
影響が大きく
関係しています。




日本の戦後、洋服を着る
文化が流入してきましたが、
アメカジの影響を受けざる
を得なかったのです。




ここで補足しておくと
アメリカンカジュアルは
デニムやスニーカー、パーカー
などのリラックスウェアです。




私服としてはアメカジが
市民権を得たのです。




それが現代まで色濃く
残り、文字通り上から
下までカジュアルアイテム
一辺倒で揃えてしまうのです。




カジュアルアイテムは
「子供っぽい」イメージが
どうしても拭えません。





「何となくダサい」原因は
ここにあったのです。




だからこそ、服装をドレスよりに
することで周囲と差別化し、
決定的な違いを生むことが
出来るのです。




「ドレスよりに服装をまとめれば
いいのは分かったけど、
どうすれば大人っぽい服装が
作れるの?」




それはドレス要素を
6~7割に抑えること
です。




スーツは大人な服装の代表
ですが、私服で着るのは
あまりにもかしこまっていて
ふさわしくないです。




「これから働きに行くのかな」
などと思われてしまいます。




だから、私服ではもうちょっと
リラックスできる要素を
入れつつも、ドレス要素を
担保しなければなりません。




スーツをドレス度100%と
考えて下さい。



そこにカジュアルアイテムを
加えて、6,7割に
留めればいいのです。




なぜ、6,7割にするのかというと
日本人は外国人に比べ、童顔、
幼児体型です。




だから服装は大人よりにして
バランスをとる必要があるのです。




fashionkakumei.hatenablog.com








具体的な例を挙げると、
パンツをスラックスからデニムに
するとか、ドレスシューズから
スニーカーにするとか・・
方法は様々です。



f:id:fashionkakumei:20160623181118j:plain



イメージとしてはスーツから
引き算していくようにアイテムを
交換していくと考えてもらえれば
いいと思います。




ファッションが感覚という
曖昧なものから、論理的に
構成できるものだと
分かってきましたか?




このブログを読んでいけば、
オシャレになれる全体像が
ぼんやりとでも伝われば
嬉しいです。




では最後にワークです。



今回学んだことをしっかり
自分に落とし込むためにも
とても大切です。




自分が持っている洋服を
改めて見てみて下さい。
そして、スーツに近いかどうか
何となくでいいので考えてみて下さい。




今回のポイント
・服装は大人よりに。
・大人よりの基準はスーツで
ドレス6,7割を意識。



ファッションに関する
疑問点や質問も
受け付けています。



個人的なものも
大歓迎です。



お気軽にコメント下さい。




最後までお読みいただき
ありがとうございました。