読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方の田舎から出てきて超絶ダサかった私が、会って1ヶ月で清楚なリア充女子大生を彼女にした究極の理論的モテメンズファッション

地方の田舎から出てきてかなりダサかった自分が、どんな方法でオシャレになったのか。徹底的な洋服の分析と女性100人のアンケートで明らかになった結果があります。誰にでも理解でき、即実行でモテることが約束された、ほとんどの人が知らない、感覚ではなく考えて構築するファッションブログ。

「高い洋服=オシャレ」なのか?

んにちは。
ファッション革命家
ジェームズです。



f:id:fashionkakumei:20160708195009j:plain




「安い洋服でおしゃれなんて
できない。」


「生地がペラペラだし
何よりデザインがダサい。」


おしゃれが分かってくるように
なると、高い服を買い始め、
必ず安価な洋服に
否定的な層が出てきます。



洋服の価値を値段が
高いか低いかによって
判断するのです。



確かに値段の高さは
生地の良し悪しやデザイン
にも影響する場合が
ほとんどです。



それにブランドものは
一種の安心感を与えてくれます。



高級なものに身を包んでいると
自分が守られているような
感覚になります。



だからといって安いものが
粗悪でダサいという理由には
なりません。



所詮ファッションは
見た目です。



おしゃれであるかどうか
というのはお金かけるのではなく、
安くてもおしゃれに見える
アイテムを選べるかです。



しかも女子大生にモテることを
目的とするならば、そこまで
高級な服は必要ありません。



かえって近寄りにくく、
逆効果です。



つまり、
ユニクロ無印良品など
のものでも十分おしゃれに
なることは可能なのです。



実際私も、最近では
ユニクロばかり着ており、
気づいたら全身ユニクロだった
ことも少なくありません。



それでも、
女性からおしゃれと
言われ続けていますし



かなり身なりに気を配っている
おしゃれな男友達からも
「この服どこの?」
と聞かれたりします。


私が

「これ、ユニクロなんだよね。」

と答えるとその友人は
びっくりします。



まさにおしゃれは
値段の高さではないことを
私自身実感しています。



理論をきっちり理解すれば、
簡単におしゃれに見せることが
できます。



そして、最小限の努力で
最大の結果を生みましょう。



では最後にワークです。



ファストファッション
オシャレ メンズ」などで検索し
コーディネートを見てみて下さい。




その中で大人っぽい服装を
している人を探し出して下さい。



今よりももっと
ファストファッション
オシャレになれる実感を
得られるはずです。



今回のポイント
・安くてもおしゃれはできる。
高いだけがおしゃれではない。



ファッションに関する
疑問や質問もコメント欄にて
お受けしています。



個人的な質問も大歓迎です。



お気軽にコメント下さい。



最後までお読みいただき
ありがとうございました。