読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方の田舎から出てきて超絶ダサかった私が、会って1ヶ月で清楚なリア充女子大生を彼女にした究極の理論的モテメンズファッション

地方の田舎から出てきてかなりダサかった自分が、どんな方法でオシャレになったのか。徹底的な洋服の分析と女性100人のアンケートで明らかになった結果があります。誰にでも理解でき、即実行でモテることが約束された、ほとんどの人が知らない、感覚ではなく考えて構築するファッションブログ。

体型を隠したいなら固めの素材を選べ!?薄着になる春夏までに知っておきたい素材の話。

んにちは。
ファッション革命家
ジェームズです。

 

今回は体型カバーをシルエットでは
なく、素材からアプローチして周り
と差をつけようという話です。

 

「素材・・。何か難しい
話になりそう・・。」

 

そうあなたは不安な気持ちが芽生えて
いるかもしれませんが、そんなに身構
えなくても全然大丈夫です。

 

話はとてもシンプルです。

 

しかも、あなたの体型をとても
きれいに見せてくれるものなので、
絶対に知っておいて損はない内容
です。

 

とても簡単な話なのに、多くの人
は知らないので、シンプルだけど
周りと差別化されたオシャレをす
ることが出来ます。

 

この知識を知っていると、洋服
選びの幅も広がり楽しくなりますよ!

 

 

 

・素材で体型カバー!?

 

一口に素材といっても本当に
色々なものがあります。

 

ナイロン、綿、ウール、コーデュロイ
などなど挙げればきりがありません。

 

もちろん、それぞれの良さがありま
すが全ての特徴を覚えるのはなかな
か大変なことです。

 

だから、体型カバーに限定して考え
純化してしまいしょう。

 

それは、素材の固さで判断する
ということです

 

「素材の固い、柔らかいがどう
体型に影響するの?」

 

あなたは普段素材の固さなど
気にして洋服を選んでないかも
しれません。

 

私も実際見た目のデザインばかり
に気を取られて、素材のことはま
るで気にしていませんでした。

 

でも、それが多くの人の思考
パターンだと思います。

 

だからこそ、周囲と差別化できますし
あなたに新たな価値判断基準が生まれ
ます。

 

そして、素材の固さによる体型への
影響ですが、固いほど体型を隠すこ
とができ、柔らかいほど体型がモロ
に浮き彫りになります

 

考えてみれば実に単純です。

 

生地が固ければ、体にフィットせず
逆に生地が柔らかければ体にフィッ
トします。

 

フィットすれば当然体のラインが
嫌でも出てしまいますから、体型
がはっきり分かってしまいます。

 

でも、このフィット感は着心地の
よさでもあるので、多くの人はや
わらかいものを選びがちです。

 

コットンの柔らかいTシャツと
シャツを着るときを考えてみて
下さい。

 

f:id:fashionkakumei:20170223002016j:plain

f:id:fashionkakumei:20170223002107j:plain

http://zozo.jp/shop/studiouslab/goods/16758106/?did=34438855

 

f:id:fashionkakumei:20170223004323j:plain

http://zozo.jp/shop/takeokikuchi/goods/16360267/?did=33907393

 

シャツの方が着心地は良くなく、
Tシャツの方がよりリラックスし
た感覚があるというのは経験的に
理解できるかと思います。

 

寝間着で考るとその傾向は顕著
ですよね。

 

誰に見せるわけでもないですから
見た目は二の次で、出来るだけリ
ラックスしたものをと柔らかさの
あるものを着ていますよね。

 

また、固い素材はシルエットを直
線的に
見せてくれますから、大人
っぽく
見せる効果も期待できます。

 

考えてみればこんなに簡単なこと
なのに、ファッションはセンスだ、
感覚だというバイアスからか気づ
くことが難しくなっているんですね。

 

 

素材で体型カバーのテクニックを
学べば、着るものが少なくなる春
夏に応用することで、薄着でもス
タイルをよく見せることが可能です。

 

シャツの他にもTシャツなどでも
固い生地のものもありますから、
固さに着目して洋服選びをするの
も面白いですよ。

 

その練習として、Tシャツの柔らかさ
とシャツの固さを基準にお手持ちの洋
服を柔らかいものと固いものに分けて
みて下さい。

 

一回分けてみると新たな着こなし
が見つかるかもしれませんよ。

 

疑問点や質問などコメントにて
お受けします。

 

個人的なご質問でも大歓迎です。

 

精一杯お答えさせていただきます。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。