どんなにダサくてもおしゃれになれる。徹底的な研究によって明らかにした、超具体的メンズファッション指南

地方の田舎から出てきてかなりダサかった自分が、どんな方法でオシャレになったのか。徹底的な洋服の分析と女性100人のアンケートで明らかになった結果があります。誰にでも理解でき、即実行でモテることが約束された、ほとんどの人が知らない、感覚ではなく考えて構築するファッションブログ。

意外と知らない!?シャツの着こなし方。基礎からしっかり考える。①

こんにちは。
ファッション革命家
ジェームズです。


今回はシャツのお話し。

 

メンズファッションの基本形、羽織る
ことに触れつつ、シャツの着こなしに
ついて解説していきます。

もし、あなたがシャツをもっと上手に
着こなしたいと思われるならば、きっ
とお役に立てる情報です。


シャツは羽織ればいいの、ボタンをして
着るべきなのという基礎的なところから
説明するので、何となくシャツ着てるな
ら絶対見た方がいいです。


まず、シャツの着こなしは2つに分けら
るでしょう。

シンプルに、ボタンを開けて着るかボタ
ンを閉めて着るかです。



開けて着る。

ボタンを開けて着る着方。


これはメンズファッションの基本である
「羽織る」という型を踏襲した基礎的か
つ、簡単にかっこいいと思われる着方で
す。


ここでは、詳しい説明を省きますが、
「羽織る」ことは、着こなしに陰影をつ
けることで単調さを回避することが出来
ます

f:id:fashionkakumei:20170215011837j:plain

http://wear.jp/90u10/5397137/ 


簡単かつかっこよくなるからこそ、基本
なのですね。


それはシャツでも同じで、

f:id:fashionkakumei:20170803182739j:plain

http://wear.jp/hi09048/8127316/ 

羽織ることで着こなしに立体感が生ま
れます。


先に言ってしまいますが、ボタンを閉
めて着るより、こっちの方が難易度は
低いです。


なぜなら、ボタンを閉めて着るとイン
ナーとシャツの間の段差を表現できな
いため、ややのっぺりして見えるから
です。


でも、シャツの羽織りで注意すべき点
があります。



それが、
・素材はやや厚手を選ぶこと。
・着丈をやや短めにすること。
の2つです。


順に説明していきます。


まず素材を厚めにする理由は、着こな
しに立体感をもたせ、羽織りもの感を
出すことが必要だからです。


もともとシャツはインナーであり、ボ
タンを閉めて着るものというイメージ
があるため、それを和らげないといけ
ないのです。


でないと、
「なんかペラペラなの羽織ってんなー」
と思われかねませんし、サマに見えま
せん。

もちろん、薄手のシャツを羽織っては駄
目とは言いいませんが、少し難易度は高
くなるので覚えておいてください。


どうしても薄手のシャツ羽織りたければ、
柄のシャツが有効です。

f:id:fashionkakumei:20170804144837j:plain
http://wear.jp/member/save/ 

柄で薄手の生地感をごまかせるからで
す。


次はシャツの丈感です。


これは気を付けないと一気に野暮った
くなるので注意が必要です。


羽織るということは、前を留めていな
い状態のため、横にふわっと広がるの
でトップスのボリュームが大きくなり
がちです。


そのうえ、着丈で縦のボリュームを加
えてしまうと、シルエットが崩れて、
ルーズな雰囲気になってしまうので短
めを選ぶべきなのです。


そして、最後におまけで裾についても
ひとつ。


これは余裕があったらでいいのですが、
できれば水平になっているものを選ぶ
べきです。

f:id:fashionkakumei:20170803182739j:plain
http://wear.jp/hi09048/8127316/


MA-1やデニムジャケットなどブル
ゾンと同じ裾の形なので、羽織りもの
感が増しますし、インナーと丈感の調
整がしやすいです。


以上を踏まえたうえで、おすすめな羽
織りシャツを挙げるならば、上の画像
でも示したような、ミリタリーシャツ
がベストでしょう。


ベーシックなシャツで探しても、上に
挙げた条件を満たすシャツを見つける
のはちょっと難しいかもしれません。


後でミリタリーシャツ着こなしについ
ての記事も書きたいですね。


今回はここまでです。

次回はシャツの着こなし②ボタン閉め
る編について書きたいと思います。


どうぞお楽しみに。

質問や疑問点などコメント大歓迎です。


どうぞ遠慮なくお聞きください。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。