おしゃれになれないと諦める前に、一度だけ私にチャンスを下さい

地方の田舎から出てきてかなりダサかった自分が、どんな方法でオシャレになったのか。徹底的な洋服の分析で明らかにされた、あなたの固定観念を揺り動かす新感覚ファッションブログ。超具体的に、本質からオシャレを考える。

メンズファッションにおいて重要な「黒」を徹底解説!意外と知らない黒の使い方講座!

f:id:fashionkakumei:20170901155237j:plain
http://wear.jp/

んにちは。
ファッション革命家
ジェームズです。

 

今回は黒色について解説していきます。

 

黒は無彩色だから何にでも合うし簡
単だから、初心者は積極的に使ってい
こう!

 

と今やちょくちょく見かけます。

 

簡単だからといって、黒がどういう力
を持つのか説明が省かれてしまってい
るように感じます。

 

というかその先はあまり考える必要を
感じていないような印象を私は受けま
す。

 

だから私が黒はどのような色なのか、
どういうメリットがあるのか研究した
ものをあなたに伝えたいと思います

 

これを読めば
「黒は何にでも合うから困ったら使っ
とこう」というレベルから

 

「黒にはこういう力、メリット、デメ
リットがあるからこういう風に使って
いこう」というきちんと根拠立てて、
構築していくことが出来るようになります

 

このような考え方が出来れば、失敗は
格段に減りますし、何となく感覚で洋
服を選んでいる周りのみんなとは差が
出来るのは当たり前です。

 

容易に想像がつくと思います。

 

私はファッションを出来るだけ言語化
出来るように徹底的に研究してきまし
たし、これからまだまだ勉強していき
ます。

 

言語化できるものは圧倒的に再現性が
高く、より確実にあなたを理想の場所
に運んでゆくことが可能になるのです。

 

あなたはこのブログを読んでいるだけ
で優位に立っていますし、おしゃれに
どんどん近づいているのです。

 

では早速「黒」について解説していき
ます。

 

 

・「黒」の持つ力とは?

 

黒を使わない日がないというほど日本
のメンズファッションシーンで絶対的
とも言える地位を築いています。

 

おしゃれな人は皆黒を上手に取り入れ、
使いこなしています。

 

それがもっとも簡単でかっこよく見せ
ることが出来ることを知っているから
です。

 

ではなぜ、黒はオシャレな人たちから
絶大な支持をを受けるのでしょうか??

 

ひとつずつ紐解いていきましょう。

 

・収縮色、引き締め役。

 

黒は色の中で一番暗い色です。
しかも色味を持たない無彩色です。

 

どんな色ともケンカせず、相手の色味
を受け入れてくれます。

 

だからあまり考えずにコーデの中で使
用しても邪魔にならず、重宝する色な
のですね。

 

そして、暗いからこそ引き締め役も黒
は担ってくれます。

 

暗い色は収縮色と呼ばれ、明るい色と
比べて奥の方にあるような、細いよう
な印象を与えてくれるのです。

 

つまり、細く見せてくれたり、小さく
見せる力を持っています。

 

自分の体の気になる部分に黒を取り入
れれば、着痩せ効果を期待することが
出来ます。

 

・ぼやけさせない。

 

濃く、暗い色は輪郭を描く力が強い
す。

 

この力が強いために、簡単にかっこよ
く見せやすいです。

 

淡い色は特にこの輪郭を描く力が弱く、
この色だけで構成してしまうと、かな
り着こなしがぼやっとしてしまい、
のっぺり地味な印象を与えます。

 

かなり着こなしの難易度が高くなりま
す。

 

例えば白やライトグレー、ベージュだ
けで構成すると、全身がぼやっとして
しまい初心者がおしゃれに見せるには
非常に難易度が高くなります。

 

それに対し、黒やネイビーなど暗い色
で構成した着こなしは、ぼやけずスタ
イリッシュに見え、かっこよく見えや
すいのです。

 

ただ、このような暗い色を多用すると、
重くなりすぎる見た目になってしまう
ことも・・・。

 

このあたりはデメリットとして後述し
ます。

 

・明るい色を引き立たせる。

 

最も暗い色だけに明るい色を引き立た
せることが出来ます。

 

だから、原色や白などを色味と合わせ
るときは、よりはっきり相手に印象づ
けますから少々注意が必要です。

 

白はそこまで考える必要はないとして
も、原色×黒の組み合わせはかなり見た
目がきつくなるので、原色の色を少な
目にするとよいです。

 

 

・黒のデメリットは??

 

黒のデメリットといえば、多用すると
重くなりすぎてしまうことと、地味に
なることくらいですかね。

 

黒に明るさも彩度もないので、黒しか
無いんですよ。

 

青だと、明るさや彩度によって、水色
だとかネイビーとかありますけど。

 

だから、色が暗く表情が無いため、素
材などを塗りつぶして、洋服の表面が伝
わりづらく、均一なつるん
とした見た目
になるので、地味な印象を与
えてしまうんですね。

 

まあこれは最も明るい色である、白にも
言えることなんですが。

 

つるんとした見た目のおかげで、洗練さ
れたきれいな印象にもつながっていくの
で結局は使い方次第的なところもあるん
ですけどね。

 

・まとめ

 

黒のポイントは最も暗い色だというこ
と。そこからさまざまな効果が得られ
る。

 

・収縮色で体の気になる部分に使えば、
痩せ効果が得られること。

 

・黒は部分的に使っても引き締め効果
があるので、明るい色を多用して、な
んか微妙だと感じる場合に、は少しで
もいいから黒を使ってみる。

 

輪郭を描く力が最も強いので、着こ
なしを簡単にかっこよく見せることが
出来る。

 

明るい色を際立たせる

 

そのときに注意することは、黒はかっ
こよく見えやすいからといって多用し
すぎない。

 

着こなしが重く見えたり、地味に見え
る危険性があるからです。

 

これで黒の使い方講座は終わりです。

 

これらのことを知っているかで着こな
しの説得力が全然違ってきます。

 

黒を使いこなして、周りとぐんぐん差
をつけてしまいましょう。

 

次は白について個別に解説していきま
すので是非お楽しみに。

 

一回ユニクロとイネスのコラボの
レビューの記事を入れる予定なので、
その後になりそうですかね。

 

疑問点や質問などコメントにて
お受けしています。

 

記事に関係しないファッションの
質問でも大歓迎です、

 

精一杯お答えさせていただきます。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。