どんなにダサくてもおしゃれになれる。徹底的な研究によって明らかにした、超具体的メンズファッション指南

地方の田舎から出てきてかなりダサかった自分が、どんな方法でオシャレになったのか。徹底的な洋服の分析と女性100人のアンケートで明らかになった結果があります。誰にでも理解でき、即実行でモテることが約束された、ほとんどの人が知らない、感覚ではなく考えて構築するファッションブログ。

ユニクロ、メンズライン初登場のイネスのおすすめアイテムは?買っておきたいアイテムをレビュー!!

んにちは。
ファッション革命家
ジェームズです。

 

ずっとレディースだけで展開されてい
た、イネスとユニクロのコラボがつい
にメンズに登場し9月1日発売でした。

 

早速メンズラインの出来ばえをチェッ
クしてきたので、どれを買うのが正解
か根拠を示しながらお伝えしていきま
す。

 

デザイナーとのコラボは安価な価格で
おしゃれになれる絶好の機会。

 

うまく利用して賢くおしゃれになって
しまいましょう。

 

・デザイナー、イネス・ド・ラ・フレサンジュとは?

f:id:fashionkakumei:20170902001639j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/ines/men/

 

イネスはフランスを母国とする
ファッションデザイナーです。

 

もともとはシャネルのモデルを務める
など、元祖スーパーモデルと呼ばれる
ほどモデルとして成功を収めていた人
物です。

 

そんな彼女は、モデルとして活躍した
のち、自信の名を冠したブランドを立
ち上げ、今でも活躍の場を広げていま
す。

 

 

・今期のユニクロとのコラボイメージは?

 

家族や大切な人と一緒に楽しめる、イネスのエッセンシャルウェア

世界中の女性たちがどんな服を必要とし、どんな服を求めているのか ?
すべての女性を心地よく、そして美しく見せる服を追求してきたイネスの思いと、
人々の生活に寄り添い、より豊かにしたいと願うユニクロのLifeWearフィロソフィーを、
ユニクロ スペシャル・プロジェクトデザインディレクター滝沢直己が融合させたイネス・ド・ラ・フレサンジュ コレクション。

今シーズンは今、世界で注目を集めているデンマークのライフスタイルで
「温もり」や「心地よい雰囲気や空間」、「幸福感に満ちている」ことを意味する “Hygge(ヒュッゲ)” のムードを表現し、
大切な人と微笑み合いながら心温まる幸せなひと時を過ごして頂きたいとの願いを込めたコレクションを展開します。
メンズコレクションが加わることによって、家族や恋人、親しい仲間と日常の様々なシーンでお楽しみ頂けるアイテムをお届けします。
新しい服に身を包み、大切な人と心温まる幸せなひとときをお過ごしください。

 http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/ines/men/

 

ユニクロから引用しましたが、まさに
上に書かれていることは体現されてい
たラインナップと言えそうです。

 

特にキーワードのひとつである「温も
り」を感じずにはいられない、ほっこ
りするようなアイテム展開でした。

 

スタイリッシュなイメージではなく、
クラシックな品の良さがあり、一歩間
違えればおじさん臭くなる危険性もあ
ます。

 

しかし、上手にアイテムを選ぶことが
お手軽におしゃれになるポテンシャル
を秘めているのも事実です。

 

この記事があなたのアイテム選びの一
助になれば幸いです。

 

 

 

・厳選レビュー(後で追記あるかも・・・!?)

 

ジャケットは全体的にややもっさり感
否めませんが、かといって野暮ったす
ぎるかといえばそうでもないシルエッ
トでした。

 

ですが、コーデュロイツイードなど
のデザインが施されているので、ごま
かしは効くかなという印象です。

 

 

コーデュロイジャケット+E(おすすめ!)

f:id:fashionkakumei:20170903004946j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/ines/men/

 

いきなりですが、ジャケットで一番良
かったと思ったのがこれ!

 

現物で見ると、深い紺色をしており、
艶感があって雰囲気があると感じたア
イテムでした。

 

畝は細畝かなーと発売前は思っていた
のですが、太畝でおじさんくさくなり
過ぎずさっと羽織ってかっこよくきま
ります。

 

生地も安いものでよくある、ポリエス
テルではなく、綿100で手触りも良
かったです。

 

あと、これは今回のジャケット全般
(シャツジャケット以外)に言えるん
ですが、袖口は本切羽と呼ばれるボタ
ンが開け閉めが出来るように仕様になっており、

 

また袖口の裏地のみ、それを意識して
か、一般に高価なものに使われるキュ
プラを採用するなど手の込んだ作り
なっています。

 

(※量販店のスーツの袖口はアキミセ
と呼ばれる、ボタンはついているけど、
ただ縫い付けてあるだけで開かないよ
うな作りであることが多いです。

だから、本切羽のスーツは高級なもの
の証と、以前は考えられていましたが、
現在では量販店でも見かけるようにな
り、その希少性は少々失われています。

とはいうものの、アキミセよりも、手
間がかかるので工賃が高くなるのが一
般的です。)

 

袖をまくろうとすれば、ボタンを外し
て袖をまくることも出来ますし、純粋
に頑張っているなと感じましたね。

 

特にこのコーデュロイジャケットは、
お値段も一番安く、7990円なので
今回のコレクションの中では買いと言
えるでしょう。

 

ただセットアップのパンツは、着る人
選ぶような気がしますね。

 

スリムフィットを謳っていますが、
コーデュロイの太畝のせいでスリムに
なりきれないです。

 

体型がきれいな人ならいいですが、私
のように脚が短くて太いと、
「何か野暮ったいなー」感じることで
しょう。

 

だから、初心者向けではないですが、
パンツを1、2サイズアップして、ベ
ルトでぎゅっと縛ってゆるく合わせて
あげるのが解決法ですね。

 

ジャケットもさほどスリムなシルエッ
トではないので馴染んでくれるので、
おすすめです。

 

・ウールブレンドジャケット+E(おすすめ!)

f:id:fashionkakumei:20170903013525j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/ines/men/ 

 

こちらはジャケットの中で一番シル
エットが細身できれいでした。

 

メタルボタンを採用しており、
ブレザーを思わせる上品な仕上がり
なっています。

 

袖口が本切羽になっているところや、
袖口の裏地にはキュプラが使われてい
るところはコーデュロイジャケットと
同じです。

 

あとポイントが高いのは、このジャケット
とセットアップになっている、パンツ
のシルエットが今回のパンツの中で一
番きれいだったことです。

 

どうせシルエット甘いんだろうなーと
思って試着したら、思いのほかきれい
でびっくりしました。

 

細身で上品なセットアップが欲しいな
ら、これですね。

 

パンツは単体でも使えるほどのシル
エットなので、ジャケットもパンツも
別個でいけるポテンシャルはあります。

 

私が試着した店舗では、発売日当日に
も関わらず、もうSサイズが欠けてい
たので、ジャケット類の中では一番人
気かもしれません。

 

・ステンカラーコート+E(おすすめ!)

f:id:fashionkakumei:20170903015312j:plain

 

こちらのステンカラーコートも良いで
す。

 

着丈は膝丈ぐらいまである長さで、ハ
リ感がしっかりあって素材はポリエス
テルではなく綿100です。

 

シワ感も生地の天然素材と相まって、
自然で説得力のある表面感になってま
すし、雰囲気のあるコート仕上がって
います。

 

天然素材なので、着ていくごとに体に
馴染んでいく楽しさもありますし、シ
ワがさらに入り込んでも、それがアジ
になるポテンシャルを秘めています。

 

また、撥水効果も嬉しいポイントです。

 

さらには外すことのできるライナーが
ついており、春・秋・冬と3シーズン
活躍してくれることでしょう。

 

しかもステンカラーコートは、コート
のなかでも簡単におしゃれに見せるこ
とが出来るコートです。

 

 

fashionkakumei.hatenablog.com

 

 

気軽に羽織りたいセカンドアウター
が欲しい

まだおしゃれなアウターを持ってな

 

というあなたに是非おすすめしたいア
イテムですね。

 

 

・最後に

 

よっておすすめしたいものは、

 

コーデュロイジャケット+E
(セットアップのパンツは人による)
おすすめカラー:ネイビー

・ウールブレンドジャケット+E
とウールブレンドスリムフィットパンツ

・ステンカラーコート
おすすめカラー:カーキ

 

という結果になりました。

 

まだまだユニクロは、JWアンダーソン
とのコラボやユニクロUも控えています
ので計画的にお金を使っていきたいとこ
ろです。

 

後でなぜシャツ類はおすすめではないの
かなど、他のアイテムについても書けた
ら追記したいと思います。

 

質問や疑問点などコメントにて
お受けしています。

 

記事に関係のない質問も大歓迎です。

 

精一杯お答えさせていただきます。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。