おしゃれになれないと諦める前に、一度だけ私にチャンスを下さい

地方の田舎から出てきてかなりダサかった自分が、どんな方法でオシャレになったのか。徹底的な洋服の分析で明らかにされた、あなたの固定観念を揺り動かす新感覚ファッションブログ。超具体的に、本質からオシャレを考える。

隠れた名脇役「グレー」。その真の実力とは??グレーひとつであなたの着こなしはここまで変わる!

こんにちは。
ジェームズです。



グレーを解説すると言ってから一ヶ月
以上たってしまいました。

 

本当に実行が遅い。
何とかしなければ。

 

色々情報を集めたり、勉強したりと
インプットばかりでアウトプットが追
いついていません。

 

ちょっとこのブログも更新頻度あげつ
つ、方向性を変えていこうと思ってい
るんですよね。

 

もっとファッション初心者やファッ
ション迷子のあなたに対してコミット
メントできるように工夫していきます。

 

いきなり告知になってしまうのですが、
LINE@も開設しました。

 

あなたともっと近い距離でやり取りを
しながら、そのやり取りをブログに反
映させたり、質問に答えたりそもそも
の質を向上させていきたいのです。

 

というのもアパレルの販売員として、
働いていると、着こなしについてアド
バイスしてもアフターフォローはなか
なか出来ません。

 

こちらが情熱を持って伝えても、再現
性をもった洋服の構築法というのは、
繰り返しインプット・アウトプットし
ていかないと身につかないんです。

 

それに対してとても歯がゆく感じ、ど
うせ情報を伝えるならあなたの財産と
なる形で情報をお伝えした方が良いと
感じました。

 

ファッションを超具体的に解説するこ
とをモットーとしているので、感覚で
はなくきちんと理解してオシャレとは
何かを理解できます。

 

LINE@に登録するのはもちろん無料な
ので、是非登録していただくことをお
すすめします。

 

今なら質問し放題です。

 

いずれ人数が増えたら質問に答え切れ
なくなるでしょうし、コストがかかる
ようになるでしょう。

 

ですので登録するなら、
後でではなく確実に今です。

 

ノーリスクで利益を得られるのですか
ら。

 

何でも先行者が利益を一番得ますよね。

 

いずれ着こなしのコンサルティング、
指南をしていきたいと思っていますが、
そのときには無料では出来ないでしょう。

 

f:id:fashionkakumei:20171018214323j:plain

 

上の画像は実際に着こなしについて、
分析したもののほんの一部です。

 

LINE@ID→xlj8849h

 

あなたのご登録お待ちしております。

 

 

つい熱が入り、告知が長くなってしま
いました。

 

いよいよグレーという色について、
解説していきます。

 

その前に無彩色の理解がまだなあなた
は以下の記事を読んでおくとグレーへ
の理解もよりスムーズでしょう。

 

fashionkakumei.hatenablog.com

 

黒についてはすでに個別に解説してい
ます。

 

 

fashionkakumei.hatenablog.com

 

 

グレーは本当に深い色味です。

 

理解すれば理解するほど、あなたの着
こなしの完成度は上がっていきます。

 

ファッションに詳しい人、好きな人で
もグレーについてきちんと理解してい
るかと問われて、

 

「きちんと理解していて、具体的に答
えられる」という人は本当にごく少数
です。

 

なぜなら、洋服が好きだからといって
色を勉強するということはなかなかし
ないものです。

 

こう言っておいて何ですが、実のとこ
ろ、勉強しても着こなしに直結する知
識が手に入るかと言ったら、そうでも
なかったりします。

 

色について勉強して、どう着こなしに
生かせるかと頭をひねらないと、有用
な知識まで結びつかないのです。

 

だからこそ、グレーの色味について、
理解しておくだけで周りより、それど
ころか比較的おしゃれと言われる人た
ちよりも一歩先んじた知識を得られます。

 

完成度の高い着こなしを作ることが出
来ます。

 

よくファッション初心者はモノトーン
な着こなしから始めると失敗が少なく
なると言われ、私もおおむね賛成です。

 

ただ、モノトーンと言われて、黒と白
のみの着こなしになっている人がとて
も多いのも事実です。

 

確かに黒と白のみだとパキッとした色
表現になるので洗練された感じは出ま
す。

 

だから洗練された洋服としてのスーツ
には適した配色なのですが、豊富な選
択肢がある私服の中で適用してしまう
と、地味な印象になります。

 

(スーツは野暮ったさを排除した洋服
の完成形)

 

その中でグレーを使うことで、着こな
しに極端な色使いのなかで、表情を生
み出すことが出来、奥行きを出すこと
が出来ます

 

この奥行きについて語ってしまうと、
1記事どころで済まなくなってしまう
ので詳しい説明は割愛させていただき
ますが、

 

着こなしに奥行きを出すことは非常に
大切で、いずれ説明したいと思うので
すが、私は立体性という概念としてひ
とつのカテゴリを設けています。

 

なんとなくグレーを理解することが、
着こなしの完成度を高めることにつな
がるとイメージできましたか??

 

いよいよグレーの具体的な解説に入っ
ていきます。

 

 

・「グレー」その隠された実力とは?

 

グレーは前置きで述べたように、着こ
なしに奥行きを出してくれます。

 

それはグレーの色味が、黒や白のよう
に極端ではっきりした色ではなく、
ぜられて作られた、やや複雑な色味を
しているからなんですね。

 

端的な言い方をすれば、グレーはぼや
けた色味をしているのです。

 

だから着こなしの中で多用すれば、な
んかはっきりしないような地味な印象
を持たれてしまうのですが、部分的に
使用すればその効果は絶大です。

 

(上級者はグレーワントーンで構築し
たりします。これは難易度の問題です。)

 

さらっとデメリットを放り込んでしま
いましたが、そこにさえ気を付けてい
ればかなり垢抜けて着こなしが出来る
ようになります。

 

そしてグレーを語る上で避けられない
のが、その色の濃淡です。

 

グレーと一口に言っても、ライトグレー
からダークグレーまでと色の幅があり
ます。

 

これは、黒と白を混ぜ合わせて出来る
グレーの、黒と白の含有量の違いによっ
てどんなグレーになるのかが決定され
ます。

 

ライトグレーなら白多め、ダークグレー
なら黒多めですね。

 

すると、グレーの特性を持ちながら、
含有量の多い方の特性を併せ持つよう
になります。

 

それぞれ見ていきましょう。

 

・ライトグレー

f:id:fashionkakumei:20170212231355j:plain

http://wear.jp/ 

 

白の含有量が多いライトグレーは、
まずクリーンな印象を付与できます。

 

意外と黒ではクリーンな印象を付与
できなかったりするので、クリーン
さを付与するならライトグレーが一
番汎用性が高いので。

 

ライトグレーも無彩色なので、何に
でも合うんですよ。

 

ただ先ほども申し上げたように、
やぼやけるということを覚えてさえ
いれば使いこなせます。

 

ポイントは他のぼやける色味と合わ
せないことです。

 

他のぼやける色味とは、ベージュや
カーキなど中間色と呼ばれる色味で
すね。

 

中間色とは、原色にグレーを混ぜて出
来る色なので、本質的には同じくにご
りのある色味を合わせているというこ
となので、ぼやけるのも当然ですけどね。

 

また、明るい色味なので暗い色とは難
なく馴染みますし、その柔らかな印象
から黒を多用した重い印象を緩和する
力を持ちます

 

黒は最も暗い色味なので、身体を最も
シャープに見せることができるので、
ファッションに興味が出ると多用しが
ちになります。

 

すると、着こなしが重くなるんです。
キメキメ感も強くなります。

「だったら白を使えばいいんじゃん?」

とあなたは思うかもしれませんが、
白を使うとやはり明度差が強すぎて、
着こなしに柔らかさが出ません。

 

素材で柔らかさを出す方法もあります
が、それはまた今度・・。

 

そんな重くなる着こなし、キメキメ感
を緩和してくれるのが、ライトグレー
という訳なんです。

 

ライトグレーを具体的にどう使うのか
というと、まずはインナーやレイヤー
ドとして使うのがいいでしょう。

 

アウターで使ってしまうと、シャープ
に見せる力が弱く、ぼやけた印象にな
ります。

 

だからこそ、アウターは濃い色にして
インナーをライトグレーにするのが、
適材適所の役割分担であり、正攻法で
しょう。

 

 

・ダークグレー

f:id:fashionkakumei:20170213014424j:plain



http://wear.jp/ 

f:id:fashionkakumei:20170907175554j:plain

http://www.uniqlo.com/UniqloU17fw/jp/men/ 

 

こちらは黒の含有量が多いためクリー
ンさというより、重い印象というのが
どうしても先行します。

 

アウターとして使えば、シャープさを
発揮し、黒とはまた微妙に違う雰囲気
を醸してくれます。

 

黒よりは明るい色味のため、生地の表
面感が伝わりやすく、生地に表情を感
じられます。

 

ですからそれが野暮ったさを感じる原
因になることもありますが、それは他
のアイテム選びを野暮ったさを排除す
ることを基準にすれば、解決できます。

 

だからこそ、ダークグレーはアウター
やボトムスで使うのが良いでしょう。

 

そこに白を差し込めば、ダークグレー
にはすでに表情があるので、黒×白の
ようにパキッとしすぎて地味になると
いうことにはなりません。

 

いつもと一味違う着こなしになるはず
です。

 

そんなダークグレーですが、インナー
ではなかなか使いづらく、汎用性には
欠けます。

 

ダークグレーという色は、一般の人が
何の知識もない状態で見たときに、黒
よりシャープさに欠け野暮ったく見え
るので選ばれにくい色味ではあります。

 

だからこそ差別化できますし、それで
いて普通から逸脱しないレベルの違い
なので、
あれ?何かちがう。けどかっこいい
を体現できます。

 

差別化と言ったら奇抜な格好するとい
うことだけが手段では無いんですね。

 

 

最後にグレーという色味が持つイメー
ジについて見ていきましょう。

 

グレーという色味が使われるときの雑
誌などの解説としては、

都会的な印象に仕上がる

などのようなことが書いてあるのですが、
私も初めは「都会的な印象って何だよ」
とツッコミながら読んでいました。

 

f:id:fashionkakumei:20170822022957j:plain

http://zozo.jp/ 

 

で、何だろうと考えているとモダンな建
物ってグレーだよな、コンクリートだよ
な、、、ビルだ!とひらめき、ようやく
都会的の謎が解けました。

 

色は身の回りの景色のイメージを反映し
たものが色そのもののイメージとなるこ
とが多いです。

(余談ですが、だからこそ国が違うと、
育つ環境ももちろん違うので色に対する
認識も変わります。)

 

茶色からはビンテージでクラシカルな印
象を感じ取ったり、(だからこそおじい
ちゃんっぽくなる)青は海や空から、爽
やかさ清潔感を結びついたり・・・。

 

でも、グレーって自然界にそんなにない
色味ですよね。

 

そのなかでグレーを多用しているのは、
コンクリートの建物、コンクリートの建
物がたくさんあるのは都会なのです。

 

それが転じて、
「都会的で無機質な印象」とか
「洗練された印象」に結びついていく
のです。

 

面白いですよね。色って。

もうこの記事を読んだだけで、あなた
は周りの人よりグレーに詳しくなりま
した。

 

知らない人は一生知らないような情報
をあなたはたったの5分で手に入れた
のです。

 

これを使わない手はありません。

 

この情報を生かすか殺すかはあなた次
第です。

 

でも、もうあなたはグレーを使ってみ
たくてウズウズしてきたのではないで
しょうか?

 

明日と言わず今すぐにグレーを一部分
でもいいので取り入れてみましょう。

 

もし取り入れ方が分からないのであれ
ば、是非私に直接聞いてくださいね。

 

もちろんこのブログのコメント欄でも
構いませんし、先ほどのLINE@でもも
ちろん大歓迎です。

 

LINE@ID→xlj8849h

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。