おしゃれになれないと諦める前に、一度だけ私にチャンスを下さい

地方の田舎から出てきてかなりダサかった自分が、どんな方法でオシャレになったのか。徹底的な洋服の分析で明らかにされた、あなたの固定観念を揺り動かす新感覚ファッションブログ。超具体的に、本質からオシャレを考える。

もっと「似合う」「似合わない」に耳を傾けて!目を向けて!あなたの体が泣いている。

「この洋服は似合う。」

「この洋服は似合わない。」

 

というのは誰しもが経験している
と思います。

 

でも、その問題に対して深く考えたこと
は無いのではないでしょうか??

 

もしくは考えたことがあったとしても、
「どうして合うのか、どうして合わない
のか」さっぱり分からないのではないで
しょうか??

 

こんな感じの服装が似合うって言われる
なぁ。

 

でもなんでなんだろう。

 

分からないから放置している。

 

問題とすら捉えてないかもしれません。

 

ファッションはイメージだし、そういう
曖昧なものでしょ!という考だと、
ずーっとあなたの服装は変わりません

ずーっとです。

 

間違いをしたまま、お金と労力と時間
を垂れ流したくないじゃないですか??

 

かっこよくなりたいじゃないですか??

 

だからこそ、
もう少しだけ踏み込んで一緒に考えて
見ませんか??

 

そうすれば、あなたの似合うファッ
ション、勝てるファッションが分かって
くるはずです。

 

あなたはもしかしたら勝てない領域で
勝負しているのかもしれませんよ。

 

 

 皆それぞれ違う

 のに、着るもの同じって、学校ですか??

 

制服ですか??

 

ファッション指南サイトで一式
揃えたところでおしゃれになれる
はずないんです。

 

「これがおしゃれですよ!」と言われて
あなたに合うかどうかは別の話。

 

もちろん、多くの人に似合う洋服と
いうのもありますが、全員ではないし、
そういうものは高い。

 

自分のポテンシャルを引き出すのは、
あなたしかいません。

 

あなたが自分を理解するしかないのです。

 

人は体型、顔、肌の色・・・一つとして
同じものはありません。

 

似てることはあるかもしれませんが、
同じはありえません。

 

だから、洋服もあなたに合った洋服を
選ぶことが必要なのです。

 

背が165cmぐらいで、65kgとちょっと
ぽっちゃり体型だったとしたら、縦を
強調するロングコートスタイルは似合い
づらいです。

 

f:id:fashionkakumei:20171109184418j:plain

http://fashionsnap-freaks.net/ 

どうしても背の高い人やシュッとした
目鼻立ちの人に軍配が上がってしまい
ます。

 

ロングコートが縦を強調するアイテムで
あり、必然的に背の高い人との親和性が
高いのです。

 

よりシャープさを強調してくれるので、
よりかっこよく見えるのです。

 

どうしてもロングコートを着たいなら、
裾に向かってふわっと広がっていくシル
エットにするなど工夫が必要です。

 

 

憧れを捨てる

もしあなたが、憧れを抱いているスタイ
ルが自分の顔や体型とあまりにもかけ離
れているのなら、その憧れを捨ててしまった
方が早くおしゃれになれます。

 

自分の憧れを捨てるというのは、非常に
悲しいかもしれません。

 

私もこの事実に気付いたとき、凄く
悲しい気持ちになりました。

 

自分のなりたいスタイルでは、自分を
最大限かっこよく見せることは難しい
んだって。

 

そのとき、(今もなんですが)ちょうど
こんなシンプルな服装が格好がかっこいい
と思っていました。

 

f:id:fashionkakumei:20170815153720j:plain

でも何度トライしても、思うように
いかないわけですよ。

 

自分が理想としていた1つは、
外人のTシャツスタイルだったので。

 

足は短いし、体は貧弱で筋肉ないし、
顔も若くて貫禄出ないし・・・。

 

シンプルなファッションゆえに、体の
ポテンシャルが試されます。

 

そんなスタイルが優れているわけではない
ので、持っていないものだらけでした。

 

そんな状態で目指しても上手くいくわけ
ないんです。

 

だから、憧れを捨てました

 

で、上のTシャツスタイルのようには
ならないと自覚した上で、自分の体に
合うTシャツスタイルを考えました。

 

脚が短いなら、ボトムをワイドにして
ごまかしてみる。

とか。

 

トップスを大きくして、お尻の位置を
ごまかして長く見せるようにする。

とか。

 

ベーシックなTシャツスタイルが無理
なら、自分のスタイルに合わせて着こなし
を修正する。

 

これが一早くおしゃれに、かっこよくなる
道なんです。

 

これが一番かっこよくなる道です。

 

自分の憧れから一回離れてみる。

 

自分とそのモデルとでどのくらいギャップ
があるのか。

 

考えてみる。

 

そうやって考えたかをフリーにしていくと
柔軟性が生まれ、自分をどう見せるのが
美しいのか分かってきます。

 

今をときめくモデル兼俳優の坂口健太郎
さんなんかを例にしてみると分かりやす
いと思います。

 

「イケメンだから。」

「身長高いし。」

 

そういう要素があるのは否定しませんし、
実際大きく影響しているでしょう。

 

そのうえで、自分をより良く見せる
スタイリングをしているという事実を
見逃してはなりません。

 

 

f:id:fashionkakumei:20171111225955j:plain

http://qulioplus.jp/wp-content/uploads/2016/01/sakaguchi_kentaro_20150304.jpg

 

自分の雰囲気に合ったアイテム選び。

 

この着こなしをとってみても、
坂口さんの柔らかい草食系な雰囲気に
よくマッチしたスタイリングだという
のが分かるのではないでしょうか??

 

 

 

自分を知る

ではどうやって自分のことを理解
していけばいいのでしょうか??

 

自分の目で、自分のことを見ることは
出来ません。

 

自分のことを見るとなると、真っ先に
思い浮かぶのは鏡ですよね。

 

鏡で全身のスタイリングを確認すると
いうのも立派な自分を理解するための
ひとつの手段です。

 

でもそれだけでは心もとない。

 

他に何をすればいいでしょうか??

 

自分で自分で確認するのは、難しい・・。

 

となれば?

 

そう。

 

思い切って人に聞いてみる。

 

仲の良い友達、家族でも全然OKです。

 

あなたを客観的に評価してくれますから。

 

自分で自分を見るのと、人が自分で見る
のでは大違いですし、何より正確な後ろ
姿を把握できません。

 

それを言葉にしてもらうのは貴重な判断
材料です。

 

「お尻あたり張ってるかな?」

「ふともものあたりぴちぴちすぎない
かな??」

 

私も良く人に聞きます。

 

親にも聞きますし、店員さんにも聞きま
す。 

 

もちろん親よりは知識はあるつもりですが、
だからこそ、世間の大多数の人にはどう
見えているのかを間接的に知ることが
出来ます。

 

店員さんからの言葉は、お世辞かどうか
見極めながら、参考にしてますね。笑

 

この辺りは慣れが必要ですが、このブロ
グに書いてあることを、知識として
吸収していけば、きっとあなたの判断
基準として機能してくれるはずです。

 

どの情報を取り入れて、どの情報を
捨てるか。

 

上手く取捨選択できるようになります。

 

 

 

また、
他の方法としては実際に自分で体の部位
を採寸するというのもおすすめです。

 

ウエスト、肩幅、股下、ヒップ、太もも・・
などなど。

 

私も把握しています。

(要望があれば晒そうかな。笑)

 

客観的な事実として、数字で自分の体を
認識できるのはとても役に立ちます。

 

平均に比べて、自分の体がどうなのか、
数字を通して理解できます。

 

そこからこういう着こなしがいけそう
かなとか、
事前にイメージしやすくなります。

 

採寸してから、より自分がどういう服
を着ればいいのかはっきりするように
なるので、やって損はないです。

 

 是非採寸してみて下さい。

 

メジャーは100均などでも売ってますので。

 

客観視が大事だってことです。

 

fashionkakumei.hatenablog.com

 

 

寄せる技術

 

最後に寄せる技術。

 

まず、自分の身体的特徴を把握した上で、
洋服をどのテイストにするか考えますよね??

 

シンプルなきれいめスタイルなのか。

f:id:fashionkakumei:20161202125416j:plain

http://wear.jp/ 

 

ストリートスタイルなのか。

f:id:fashionkakumei:20170202183204j:plain

http://lookbook.nu/user/72561-Christoph-S/looks

 

ほっこりするような柔らかい印象に
するのか。

f:id:fashionkakumei:20171111011205j:plainf:id:fashionkakumei:20171111225955j:plain

 

少し男らしさを出したスタイルにするのか。

f:id:fashionkakumei:20171028183835j:plain

 

組み合わせは無数にあります。

 

その組み合わせで、あなたの持つ
イメージを強めてあげてもいいし。

 

逆にギャップを持たせてもいいし。

 

それは自由です。

 

ただ、
どうすれば男らしくなるのか
どうすれば柔らかい雰囲気になるのか
をコントロール出来ると、自分の苦手
な着こなしも案外着こなせるようになります。

 

例えば、

男らしくしたいなら前髪を
上げてみたり、

柔らかくしたいなら、前髪を
下ろしてみたり。

 

こうすることで、あなたの持っていき
たいイメージに寄せることが出来ます

 

だから、さっき憧れを捨てるなんて
言っちゃいましたが、そうやって
イメージの寄せ方が分かるようになれば、
自分なりに着こなせるようになると思い
ます。

 

ある程度ですが。笑

 

阿部寛のような濃い顔で、さっきの坂口
健太郎の着こなしがしたいと言っても、
ちょっと厳しいと思うんですよ。

 

個人的に阿部寛の可愛らしい要素ゼロ
なので。

 

それよりも、もっと男らしい着こなし、
レザーをばさっと羽織るとかの方が
やっぱりハマると思います。

 

だから本当に人それぞれです。

 

阿部寛のように男らしさ全開のような
体型、顔を持っている人もいるし。

 

坂口健太郎のような、かわいらしい要素
を多く持っている人もいる。

 

その中間の人もいる。

 

本当に色々です。

 

最初に言ったように、誰一人として
同じ人間はいないのですから。

 

けれども、髪型などでなりたいイメージ
に近づけることは出来る。

これは覚えておいて下さい。

 

 

まとめ

体型や顔は一人一人違うのだから、
自分が得意な領域を模索して勝負すべき!

 

そのために、自分自身についての理解と
どんな着こなしがどんな印象を相手に与
えるか学びましょうってことです。

 

「だからこのブログ読んでね!」
ってことです。笑

 

長文お疲れさまでした!