おしゃれになれないと諦める前に、一度だけ私にチャンスを下さい

地方の田舎から出てきてかなりダサかった自分が、どんな方法でオシャレになったのか。徹底的な洋服の分析で明らかにされた、あなたの固定観念を揺り動かす新感覚ファッションブログ。超具体的に、本質からオシャレを考える。

ダサくなる着こなしを知って、失敗を回避しよう!(シリーズ化予定?)あなたの洋服は散らかっている!?

こんにちは。
ジェームズです。

 

おしゃれになるための着こなしだけ
でなく、ダサくなる着こなしも知って
よりおしゃれになろう!というこの
企画。

 

今のところシリーズ化を考えています。

 

よりかっこよく見せる、おしゃれに見せ
るために何に気を付ければいいのかが
明確に分かるようになると考えるから
です。

意外とダサい着こなしについて詳しく
解説しているサイトや書籍はないもの
です。

 

だからこそ、このブログで取り上げ、
詳しく解説する意義があると思います。

 

自分の嫌いなものを知ると、より自分の
好きなことがはっきりする。

 

そんなイメージで読んでもらえれば、
きっとたくさん得るものがあると思い
ます。

 

具体的な着こなしを取り上げますが、
なぜダサく見えるのか?という本質に
迫る話を展開していきますので、
覚えておくと効率よく失敗を回避できる
ようになりますよ!

 

失敗が何かを理解して、おしゃれになる
スピードをグッと早めようというのが、
この記事(シリーズ)の狙いです。

 

ではいってみましょう。

 

 

 

 

上下でぼやけたものを合わせてしまう

 

つまり、上下で生地の情報量を多い
もの
同士を組み合わせてしまうという
ことです。

 

情報量は、
どれだけごちゃごちゃしているか度
と考えればイメージしやすいと思います。

柄入っていたり、生地に凹凸があって
表情があったり、装飾が施されていたり・・
様々です。

 

このままだと少し抽象的で理解しにくい
と思うので、実際にトップスとボトムス
のアイテムの例を挙げてみたいと思います。

 

トップスにおいて生地が情報量を多く
含んだものは数多くあるので、次に
紹介するのはほんの一例です。

 

f:id:fashionkakumei:20171115012424j:plain

 

こういった生地に表情があるもの、
表面が不均一なものは情報量が多く
なります。

 

チェックシャツなんかもそうです。

 

f:id:fashionkakumei:20171108021940j:plain

http://zozo.jp/

 

柄や装飾、デザインが施されるほど、
情報量が多くなるということです。

 

簡単ですよね??

 

単に、「足していく」要素が多くなる
ほど、そのアイテムの見るべきところが
増え、情報量が増えていくのです。

 

逆にシンプルになっていくほど、
情報量は減っていきます。

 

これは、足し算・引き算と同じ考え方
ですね。

 

fashionkakumei.hatenablog.com

 

fashionkakumei.hatenablog.com

 

 

これと同じようにボトムスも見ていき
ましょう。

 

ボトムスで情報量が多いものと言ったら
何だと思いますか??

 

あなたも絶対履いたことがあるような
ポピュラーなものです。

 

それは、不均一に色落ちしたデニムです。

 

f:id:fashionkakumei:20171116002237j:plain

 

先ほどのトップスとは対照的に、
ボトムスで情報量が多いものはあまり
無く、まずはこれだけ押さえておけば
問題無いでしょう。

 

この、「情報量が多いもの同士の合わせ」
で失敗している人の9割が、不均一に
色落ちしたデニムを履いていると
言っても過言では無いです

 

一応誤解無いよう強調しておきますが、
洗いのかかってないデニムでは、表情
がありながらも均一な表面をしています。

 

ゆえに、不均一に色落ちしたデニムほど
情報が多くなりません。

 

f:id:fashionkakumei:20171113010231j:plain

 

もちろんスラックスよりは、情報量は
多いですよ。

 

色落ちしたデニムとスラックスの中間地点
にいるからこそ、

デニムでありつつ、きれいな印象も与える
からこそ、

使いやすいんですね。

 

 

さて、情報量が多いトップスとボトムスを
合わせると何が起こるのでしょうか??

 

もう最初に答え言っちゃったんですけど。笑

 

そう、「ごちゃごちゃしてしまう」んです。

 

f:id:fashionkakumei:20160929175410j:plain

 

 

ごちゃごちゃしているものと、
ごちゃごちゃしているものを組み
合わせるので当たり前なんですけどね。

 

お互い主張し合ってケンカしている
状態。

 

着こなしが散らかっている状態。

 

部屋を想像してもらえると分かり
やすいと思います。

 

部屋のあちこちにお菓子の袋やら、
洋服やら、本やら、四方八方に
散らかっている状態。

 

視点はあちこちに分散しますよね?

 

それと全く同じ現象が、着こなしに
起こっているんです。

 

なんか散らかっててどこを見れば
いいのか分からない。

 

だからこそぼやけた印象になる。

 

ぼやけると、地味に感じてしまうもの
です。

 

そして、地味とは単調であるという
ことであり、人間は単調さをつまら
ないものとしてとらえてしまうのです

 

 

 

では解決策は??

ではその失敗を回避するためには
どうしたらいいのでしょうか??

 

一番簡単なのは、そういう情報量が
多い洋服をまずは選ばないということ
ですね。

 

よくファッションサイトで、

「無地を着ろ!」

と連呼されるのには、このぼやけて
しまう服装を回避する役目もあるわけ
です。

 

無地でシンプルなものを着ていれば、
洋服がごちゃごちゃすることも無い
ですからね。

 

無地で表情のない洋服を着るという
のは、すっきりきれいに片づけられた
部屋みたいなイメージですね。

 

f:id:fashionkakumei:20170823235213j:plain

http://wear.jp/

 

家具は何の変哲の無いベーシックな
もので、きれいな「ザ・普通の部屋」
みたいな。

 

シンプルで清潔感がありますね。

 

お互い、「俺が!俺が!」って主張しない
のできれいにまとまります。

 

難易度も低いため、おすすめな
解決方法です。

 

しかし、もう既に情報量の多い洋服を
たんまり持っているというあなたは、
他の解決策を実行してみましょう。

 

それは、「そいつを生かす」ってこと
です。

 

その情報量が多い奴は、「俺が!俺が!」
主張するじゃないですか。

 

だったら、「分かった分かった」と
その主張が強い奴を引き立たせるよう
に、
構築してあげればいいんです

 

そうすれば、あなたをおしゃれに見せる
強い味方になってくれます。

 

具体的にどうすればいいかというと、
そいつ以外の主張を弱めた服装を
チョイスするってことです。

 

あまり、情報量の多くない洋服で固める
ということです。

 

さっきの画像を見て下さい。

 

f:id:fashionkakumei:20171115012424j:plain

 

トップスのアウター以外は、色で
主張することの無いように、白と黒
のみ。

 

ボトムには均一な表面で、情報量がない
スラックスを持ってきて、トップスが
引き立つように。

 

靴下も黒系。靴も黒で細身。

(体に沿う、つまり細身のものである
方が面積が小さくなるので、情報量が
少なくなります。)

 

次も原理は一緒。

f:id:fashionkakumei:20171116002237j:plain

 

ボトムスが主張するので、他をできる
だけ均一な表面のもので構成して、
ボトムスとケンカしないように。

 

 

最後にもういっちょ。

 

f:id:fashionkakumei:20170202181950j:plain

http://lookbook.nu/user/72561-Christoph-S/looks

 

こちらはインナーに色落ちしたデニム
シャツを持ってきています。

 

明るめで表情があるデニムシャツに対し、
他を反対の暗い色にすることで、よりデニム
シャツが引き立つように構築しています。

 

この着こなし方は差し色の考え方にも
通づるものがありますね。

 

fashionkakumei.hatenablog.com

 

 

まとめ

 

☑上下で情報量の多い洋服を組み
合わせるのはNG
(ごちゃごちゃしちゃう)

 

☑その解決策は、表面が均一で情報量
が少ないものを着る。

 

☑または、「そいつを生かす!」

 

ここを押さえていれば失敗はかなり
減るはず!

 

なんか「野暮ったいなー」とか
「おしゃれじゃないな」と感じたときは
この考えを引っ張り出してみて下さいね。

 

きっと役に立つはずです。