どんなにダサくてもおしゃれになれる。徹底的な研究によって明らかにした、超具体的メンズファッション指南

地方の田舎から出てきてかなりダサかった自分が、どんな方法でオシャレになったのか。徹底的な洋服の分析と女性100人のアンケートで明らかになった結果があります。誰にでも理解でき、即実行でモテることが約束された、ほとんどの人が知らない、感覚ではなく考えて構築するファッションブログ。

知らないと何度も繰り返す!?ダサい人の頭の中

んにちは。
ファッション革命家
ジェームズです。





今日はオシャレな人と
ダサい人の頭の中の違いに
ついて話していきます。





実はオシャレな人も
無意識に考えていることで、
実は明確な違う点があります。





この考え方を知っていれば、
ほとんど失敗することなく
洋服を買えます





お金も時間も最小限に抑え
最短でオシャレを目指せる
ようになります。





逆に知らないと、
何度も洋服を買っても
同じ失敗を繰り返し
負の無限ループにはまります。





ただお金と時間をいたずらに
消費するだけとなります。





今回でオシャレな人の
思考を手に入れてください。





その考え方とは
「全体を見る」
ということです。




どういうことかというと
コーディネートの際に重要なのは
ひとつひとつのアイテムではなく
全身でどう見えるかです。





洋服の印象は全身の
組み合わせで決定される
のです。




ファッションは見た目です。




単体がかっこよくても
全身でかっこ悪ければ
意味が無いです。





アイテム単体は
さほど重要ではないのです。





特に男性は単体の
アイテムのかっこよさに
魅かれる傾向が顕著です。





よく時計や車、靴にこだわって
集めている人がいますよね。





全体でまとまっているか
これがオシャレかダサいのか
の分かれ目です。





そして、全体でまとめるために
単体のアイテムの主張が
激しくない方が
まとめやすい
です。




つまりシンプルな
無地の洋服のほうが
全体の印象が整えやすい
ということです。




オシャレな人は
「全体を見る」から
全体でまとめやすい洋服を
選んでいるのです。





そのため無地でシンプルな
洋服を自然と選ぶことが
多くなるのです。




f:id:fashionkakumei:20160623181118j:plain




だから単体でアイテムを
選ぶことはちぐはぐに
なりやすく、非常に
危険
なのです。




f:id:fashionkakumei:20160624001312j:plain





このように単体の
デザインだけで選んでいると
いつの間にか個々の主張が
強くなるのです。




「そんなこといきなり
言われても難しいよ。」




確かに、全体を見ろと
言われてもなかなか急に
できるものでは
ありません。




だから初めのうちは
できるだけ無地のものだけで
洋服をコーディネートする
よう
心がけてください。





合わせたときに地味に
感じられ、何となく
不安になるかもしれません。





ですが、それでいいのです。





「柄物=オシャレ」
ではありません。




柄を使えば使うほど子供っぽい
服装になっていきます。




確かにオシャレは差別化で、
人と違うものを身につけなくては
と考えがちです。




しかし、差別化で気を配るのは
柄ではありません。




「大人っぽさをいかに
洋服で演出するか」
が洋服においての
差別化になるのです。





では最後にワークです。




あなたのお手持ちの洋服で
出来るだけ地味に
コーディネートしてみて
下さい。





とてもオシャレには
見えないかもしれません。





ですが、それがオシャレへの
第一歩、あなたのリスタート
地点になるのです。





オシャレになるために
一度まっさらな状態に
戻るのです。





心苦しい気持ちも分かりますが、
こう考えられるようになれば、
オシャレへのレールに乗ったも
同然です。






遠回りに見えてこれが
一番の近道なのです。






今回のポイント


・見るべきは単体ではなく、全体。
そのために、まず地味な洋服を





質問や疑問点は
コメントでお受けします。




何でもお気軽に
お聞き下さい。




個人的な質問でも精一杯
答えさせていただきます。




最後までお読み頂き
ありがとうございました。